20170818.jpg
写真は経済産業省の省エネルギー小委員会のHPからの引用で公開情報です。

ZEHロードマップフォローアップ委員会が始まっていて、資料には「2030年目標の実現に向けた課題と対策を検討」と記載されています。

2014年に閣議決定したエネルギー基本計画では「2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」とする政策目標が設定されています。

果たして、どうなるのでしょうか?

パリ協定では2023年以降の5年ごとに温室効果ガス削減の実績を各国が報告し、都度目標を見直すことが求められています。(グローバル・ストックテイクと呼ばれる国際的な相互チェックの仕組みです)

国連によれば、現時点で世界各国の目標を全て達成したとしても今世紀末には2.7℃の気温上昇の可能性があり、パリ協定が求める2℃未満の目標達成のためには各国は相応に目標の上方修正すべきとされています。

日本におけるZEHの進むべき道とは?

2030年目標のあるべき姿とは?

現世代の責任が問われています。

※経済産業省の関連HPはこちら。http://www.meti.go.jp/…/shoene_shine…/sho_ene/024_haifu.html
※国連が削減目標上積みを求める報道はこちら。http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM30H64_Q5A031C1FF1000/
201708101.jpg
環境省のZEH宿泊体験キャンペーン事業の公募が本日から始まりました。

この冬に宿泊体験可能なZEHのモデルハウスを全国から公募のうえ9ヶ所ほど選定し、高断熱化の健康・快適メリットを一般消費者に宿泊体験いただき、その経験を情報発信するという環境省のプロジェクトです。

クールビズで大成功を収めた環境省ですが、国民運動として"クールチョイスエコ住"、"クールチョイスZEH"というキャンペーンが始まります。

興味がある方はこちらです。^_^
http://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/jutaku/zeh/
201708102.jpg
九州においても取り組みが検討されます。

新築住宅や既築住宅の省エネは国が先導する施策を次々に打ち出して来ましたが、今後はさらに地方自治体レベルでの取り組みも必要とされています。

北海道や札幌市等は好例で国より先に地方自治体が地域工務店と連携して先んじて取り組んで来た歴史があります。

そんなわけで写真のようなセミナーが開催されます。

参加対象者は九州の地方自治体の方のみですが、社会全般の動きとしてご紹介しました。

詳しくはこちら。
https://zeh-kyu2017.com
(九州の地方自治体関係以外の方は聴講出来ませんが、私は発表者として参加しますのでセミナーの内容はまた紹介したいと思います)
201708011.jpg201708012.jpg201708013.jpg
今日はIBEC主催の「健康・省エネ住宅の推進〜BEST-H(住宅版)プログラムへの期待〜」というシンポジウムでした。

写真は登壇された高橋建築の高橋社長です。(秩父パッシブハウスを建築した工務店さんとして有名ですね。)

村上先生、秋元先生に続いて、実務者の視点で大変素晴らしい発表でした。

ご自身で建築された秩父パッシブハウスの室温推移の実測とシミュレーション(非定常)を比較しての考察は大変に興味深いものでした。

BEST-Hの特徴は、各部屋ごとに時系列に室温やエネルギー消費量のシミュレーションをすることができます。

先日ご紹介したホームズ君に近いソフトです。

今後、BEST-Hやホームズ君のようなシミュレーションソフトが普及していくと良いですね。^_^

※ZEH協としてBEST-Hやホームズ君の活用を視野に入れて活動していきたい思案しています。皆様のお知恵をお貸しいただければ幸いです。m(_ _)m
201707311.jpg201707312.jpg
今日はグリーン建築推進フォーラムの第5回シンポジウムで、テーマは建物改修に関する国内外の最新動向でした。

海外の事例紹介ということでドイツの省エネ改修の最新動向についてベルリン在住建築家の金田さんにご紹介いただきました。

約300名の会場はほぼ満席で、日本における都市・建築・不動産に掛かる有力なステイクホルダーが参加されていたと思いますので大変意義あるメッセージになったと思います。

ドイツからわざわざご登壇いただいた金田さんに心より感謝です。^_^
20170729.jpg
今年度より新規募集されているサステナブル建築物等先導事業(次世代住宅型)の公募は、昨日の消印が締め切りでしたが、無事に23:30、提案申請書を郵便局に持ち込みました。

本事業のテーマはIoT技術等を活用した住宅と住生活の質の向上です。

採択されるとそのテーマに対して先導的と認められた工事のかかり増し費用に対して国から半額の補助がなされます。

住まい手、作り手、未来の子どもたち(国)の三方良しの事業です。

代表提案者はZEH協です。

今後、ZEH協では国の様々な公募に対して全国のZEHビルダーの仲間とともに積極的に挑戦していきます。

これまでエコワークスでは国交省の関連事業に11回応募して6勝5敗です。(採択された数の分、不採択もあります。最初は三連続不採択でした。継続こそ力なりと考えています。)

最近は自社単独提案ではなく、仲間を募って共同提案するスタイルで、今後はZEH協を母体に積極的に挑戦していきます。

秋に募集予定と思われるサステナブル建築物等先導事業の(省CO2型)にも提案予定です。

相応にハードルは高いですが、この三方良しの事業への参画に興味のある方はお問い合わせください。^_^

※本事業の詳細はこちら。
http://www.mlit.go.jp/…/house/jutakukentiku_house_tk4_00013…
201707281.jpg201707282.jpg201707283.jpg
昨日、無事に開催することが出来ました。

定員250名に対し400名超のお申込みをいただき大変な反響で満席となりました。

これもひとえに多くの皆様のご支援によるもので、心より感謝申し上げます。

講演会では東大名誉教授の村上先生のご挨拶の後、前半に国土交通省、経済産業省、環境省のそれぞれ課長よりZEHに関連するご講演をいただき、後半の「2030年に向けてのZEH普及の展望」をテーマにしたパネルディスカッションには有識者として芝浦工大の秋元先生、東京理科大の植田先生、早稲田大学の田辺先生に加えて国土交通省と経済産業省それぞれからZEH施策の担当官、末席に私という顔ぶれでした。

私からは実務者代表として、ZEH普及の様々なハードルについて話をいたしました。

最後に皆様からZEH協への期待のメッセージをいただき、それを受けて抱負を次のように述べました。

①架け橋

ZEH協は、ZEHビルダーとメーカー・流通等のZEH関連事業者架け橋として努めます。

②三方良し

住まい手・作り手・未来の子どもたちの三方良しのために努めます。

ZEH協は未来の子どもたちからの導きで生まれたと考えています。

皆様からのご賛同を心よりお願い申し上げます。m(_ _)m

※ZEH協のHPはこちら。
http://zeh.or.jp/
→ZEHビルダーへの入会案内は八月末にお送りしますが先行入会も可能です。
→メーカー・流通等のZEH関連事業者の方の入会は随時HPで受付しています。

※入会者にはZEH協設立記念講演会の講演録を無償提供いたします。

※2017年度の主な活動内容
①ZEHの提案セミナー(全国六ヶ所)。登壇者は一社)日本建材・住宅設備産業協会様の方と私です。私からは手前味噌ですがエコワークスがZEHを売らずしてZEH率9割の理由を全てお伝えします。
②各種委員会活動。ZEHビルダー委員会、住文化委員会、高断熱委員会、高効率設備委員会、太陽光発電委員会、IoT委員会という案です。
③国の補助事業(サステナブル建築物等先導事業など)に共同提案いたします。
一般社団法人ZEH推進協議会のプロモーションビデオが公開されました。

パリ協定からZEHまで、またZEH協の役割について分かりやすく解説しています。

ZEHビルダー、ZEHに関わるあらゆる事業者様にご覧いただければ幸いです。^_^
WWW.YOUTUBE.COM
日本は如何に?

世界が経済活動において排出できる二酸化炭素は残りおよそ1兆トンと有識者が指摘しています。(炭素予算)

電力の低炭素化とともに車はEV化、住宅は電化とZEH化が進みます。
NEWS.YAHOO.CO.JP
20170720.jpg
昨日、つくばにあるホームズ君の開発センターを訪ねました。

目的は、非定常の温熱環境シミュレーションとして国内最高水準にあると呼び声の高いソフトの開発チームとの意見交換です。

東大の前先生が監修されているということで納得です。

非定常というと難しく聞こえますが、時刻ごと各室ごとに温熱環境等をシミュレーション出来ます。(定常は、外気温や空調など環境が一定での計算です)

ホームズ君 省エネ診断すまいのエコナビはこちら。
http://www.homeskun.com/…/products//hm-ene/sumaieco_ene.html

同様の目的でIBECが開発したBEST-Hも今年リリースされ、来月8/1にシンポジウムが開催されます。

シンポジウムはこちら。
http://ibec.or.jp/best/event/2017/04/29.html

各部屋の最低室温を非定常にシミュレーションし、健康と省エネ(ZEH)をコスパ良く両立させる設計提案手法がこれから普及する予感がします。