FC2ブログ


マテックスさんのセミナーで、新建ハウジングの三浦社長の講演を拝聴しました。

テーマは「未来志向でひらく住生活ビジネス」でサブテーマがビジネスの持続可能性。

三浦社長の話は業界内外の実例を多数引用され納得の内容で、ビジネスの持続可能性を高めるために何をなすべきか?を示唆するものでした。

栄枯盛衰は世の習いと言いますが、永遠の持続は前例が無いことを肝に命じて、真剣に取り組みたいと思います。
世界を震わす気候マーチ。
人類史上最大の運動がこれから日本でも大きなムーブメントになると思います。
NHKクローズアップ現代+
上中下のシリーズ(日本経済新聞の経済コラム)の最終回は京大の安田先生です。
NIKKEI.COM
201909301.jpg
先程、エコワークスの再エネ100%宣言を投稿したところ、複数の方から諸々お問い合わせいただきました。

具体的には下記のリンク先のネットワークで情報交換会等が予定されていますのでお問い合わせいただければ幸いです。

こちら!
https://japan-clp.jp/archives/3210

※「RE100」は国際的なイニシアチブで大企業しか加盟出来ません。こちらのネットワークは中小企業や自治体向けです。是非お問い合わせください。^_^
20190930.jpg
エコワークスは気候マーチに賛同を表明すべく、事業活動の脱炭素化の経営計画を前倒しすることを決定し公表します。

骨子は次の通りです。

①事業活動としての脱炭素化目標を2050年から2040年に前倒しする。(省エネ+電力の再エネ化+電化の推進)

②事業活動における使用電力の再エネ100%化を2030年から2020年に前倒しする。

特に②再エネ100%については自然電力さんに協力いただき、使用電力を再エネ100%に切り替える手続きを既に済ませました。

さらに再エネ100%の電力メニューが無い工事現場の仮設電気については証書を購入することでCO2排出をキャンセルいたします。

これらの取組によりエコワークスは2020年において使用電力の再エネ100%を実現予定です。

子どもたちの行動に突き動かされた一週間となりました。

脱炭素経営に関心が広がれば幸いです。
201909282.jpg
テーマは「SDGsを活用した地域ビルダーの経営戦略」です。

エコワークスは社名の直訳環境活動の通り創業以来、CSV経営を実践してきました。

この度、2015年に国連で採択されたSDGsを経営に取り入れ、CSV経営をSDGs経営へと進化させました。

グレタさんのことも最後にお話しします。

主催のマテックス株式会社さんとは、地球温暖化防止活動 環境大臣表彰をともに受賞した志友です。

ご関心のある方のお申込みはこちら。
https://aws.doculife.jp/usrmtx/reservehash/…
201909281.jpg
今月発刊された新建ハウジング+ONEの特別号(付録)「サステナブルな暮らしづくり百科」のメインテーマがSDGsでした。

建築環境・省エネルギー機構理事長の村上先生の巻頭言に続いて、SDGsに取り組む全国の工務店さんの事例が紹介されています。

未来を見据える工務店さんにおススメの記事です。^_^

※エコワークスもご紹介いただき有難うございました。SDGsの普及波及にお役に立てれば幸いです。
FBなど実名の世界で共感の輪が広がる一方で、ネットニュースのコメント欄など匿名の世界で誹謗中傷が渦巻いていることが話題になっています。
グレタさんの言葉と行動には気候マーチに参加した400万人に加えて、恐らく数億人、数十億人の共感が広がっていくと思います。
NEWS.YAHOO.CO.JP
端的に言うと、このままでは急激な気候変動により、その対策費用をはるかに上回る莫大な経済的損失が未来において発生し、短期間において生態系や気候への不可逆的かつ深刻な変化をもたらし兼ねないという非常事態です。

世界の科学者の99%が支持している国連のIPCCの警鐘に対して、とりわけ日本の政治家の姿勢はなぜか他人事です。

※IPCCの本日公表の報告書の概要→2100年、想定超す温暖化 国連機関が報告書:日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50194000V20C19A9000000/

若い世代を中心に世界中で400万人もの人類史上最大級のデモ(気候マーチ)をしても日本の政治家には響かないのでしょうか?

気候サミットでは、多くの政治家にとって気候変動問題が他人事となっている現状を高校生のグレタさんが「許せない」とスピーチしました。

一方で、そのネットニュースのコメント欄で、多くの大人たちが温暖化懐疑論を前提にグレタさんを批判しています。

匿名が故の現象なのでしょうか?

それとも特定の勢力の世論操作なのでしょうか?

温暖化懐疑論については次の情報をご紹介いたします。

①国立環境研究所地球環境センター「ココが知りたい温暖化」
http://www.cger.nies.go.jp/ja/library/qa/qa_index-j.html
②同センター副センター長江守さんのコラム
https://news.yahoo.co.jp/byli…/emoriseita/20151202-00051987/

③さらに詳しく学びたい方はこちら。「地球温暖化懐疑論批判」
http://www.cneas.tohoku.ac.jp/…/ch…/asuka/_src/sc362/all.pdf

本日、長崎の壱岐市が日本で初めて気候非常事態宣言を採択しました。
https://lite.blogos.com/article/406555/
恐らく、多くの自治体が後に続くと思われます。

心ある国会議員の発言と行動も期待したいと思います。
20190925.jpg
国連気候サミットに合わせて開催された全世界の気候マーチに対して、世界の著名な科学者グループが声明を発表しました。

(抜粋引用)
持続可能性に向けた社会の転換がすぐにでも実現しなければ、地球上の生命の安定を脅かす地球システムにおける複数のティッピング・ポイントを超えてしまうおそれがある。

(全文和訳はこちら)
https://iges.or.jp/jp/pub/humanity-tipping-scales-world-j/ja
未来の世代のために関心が広がれば幸いです。