FC2ブログ


数日間お休みさせて頂きました。この冬にチルチンびとのOM特集別冊号が発刊されます。もともとはOMの仲間内の勉強会から起案されて特集号の発刊がはじまり、今年で3回目になります。この雑誌の中で、私が床下採涼システム(DOMAくーる)について、執筆することになり、今週は最終校正をしておりました。発刊されましたらご報告いたしますのでどうぞ宜しくお願いします。

さて本題です。

最近の経済変動は予想を超えていますね。株安、円高、景気後退、銀行の貸し渋り、超大企業の倒産、国家破綻etc世界的に大変なことになっています。

そのような経済の危機的状況を背景に、昨日、麻生総理は、来年の住宅ローン減税の延長かつ大幅拡充の検討を指示しました。住宅を建てられるお客様にとっては相当にメリットがあることで、超長期住宅の補助金とダブルで併用すれば、最大約700万円の経済的メリットを享受することが出来そうです。700万円というのは最大で、借入れ条件などにより異なりますが、それでも平均でも数百万円はお得になると想定されます。

結果的に建築需要が若干前倒しされますが、その後に待っているのは・・・その時に向けて今から”備える”経営を考えています。

色々な信用不安が連鎖していく中で、エコワークスは企業信用の情報開示の一環として、今年9月期の前期決算がまとまりましたら、財務諸表をディスクローズしたいと考えています。詳細は集計中ですが、売上高は約8億円で前期比1割増。会社設立後まだ4年ですので自己資本の蓄積はまだこれからですが、流動比率やキャッシュフローは極めて健全な状態です。さらに、今期(来年9月期)の売上高見通しは、皆様のご支援のお陰で前期比2割増の10億円がほぼ確実です。

住宅会社は長期のアフターサービスという責任がありますので、不動産ファンド会社のような一か八かの経営ではなく、長期安定経営を志す必要があります。そのことを肝に銘じて、ローリスクな経営を推し進めて参ります。

世界大恐慌の中でも堅実経営で社会的な責任を果たす会社でありたいと強い意志をもって経営します。どうぞ宜しくお願い申し上げます。