FC2ブログ


省エネ住宅に、国(経済産業省の外郭団体NEDO)から補助金(弊社の場合120万円前後)が交付される制度のスケジュールが昨年と異なり大幅に変更になりそうです。

といいますのも、数日前にNEDOから、今年の追加補正予算が認められたので、本年11月12月にNEDO補助金利用の追加申込を受け付けるというアナウンスがされました。

新築住宅の場合は、図面を確定してエネルギー削減率の計算をしたうえで、交付申請をすることになるものですから、いまころ発表されても、11月12月の申込では、到底間に合いません。

さらに、困ったことに、来年度の事業は例年通りの年明け2月の募集ではなく、かなり時期が遅くなるとの事。今回、追加補正予算がついたために、今回の追加募集と年明け2月では、時期が近すぎるので後ろにずれるとの事です。私どもでは昨年同様に、年明けの2月が申込と予想しお客様との打合せを進めておりましたので、本当に困りました。

せっかっく地球温暖化対策を目的とした省エネ住宅の普及を後押しする制度があるわけですから、もう少し、どの時期に建築される方でもご利用頂けるような制度に改定して欲しいと思い、NEDOに要望の電話をいたしました所、「確かにおっしゃることは分かりますので見直していきます」とのこと。

一年中、どの時期に建てられるお客様でもご利用いただける制度になるよう今後も働きかけをして参ります。今週中に要望書として送付させていただく予定にしております。