resize1169.jpg
エコワークスから発送した救援物資(ヤマト運輸配送所にて)

なんと、チルチンびと地域主義工務店の仲間の広島の有志工務店さんが自社トラック便で現地まで救援物資を運んで頂けるとのことで、朝から社員と手分けして急きょ救援物資をかき集めました。

ホームセンターMrMaxに行くと、カップめんも水も電池も何もかも売り切れ。

次のホームセンターサンコーに行くと、そこそこ在庫があり、必要と連絡を受けている物資を購入しました。

 1)ブルーシート10m×10m、60枚
 2)ロープ1,000m×5本
 3)カップラーメン12食×5箱
 4)水1.5L×15本
 5)ガソリン携行缶(小)
 6)電池(単3×252個、単2×76個)

カセットコンロやガスボンベは一切在庫が無く入手不可でした。

本当は灯油やガソリンが必要との事ですが宅急便では送ることが出来ないので断念です。

これらの物資は明日中に広島に到着し、そこからトラックで福島県、宮城県、岩手県の仲間の工務店さんに運ばれます。

僅かな量ではありますが何らかのお役に立てば幸いです。

それにしても現地では想像を絶する状態です。

昼過ぎに盛岡市の友人とやっと電話連絡が取れました。

「ようやく電話がつながったが、その他の生活インフラが全て止まっている。断水で水が無いので川に水を汲みに行きその水を飲んでいる。お店も開いておらず食料品が底を突き、農家からお米を分けてもらって炊飯して塩をかけて食べている。ガソリンが無いので車は動かせず、自転車でお客様宅を回っている。・・・ただこの地域は比較的ましな方でもっと酷い被災地があるんです・・・」

とのことで、お聞きしただけで本当に大変な状況であると心が痛みます。

一日も早く、物流が再開され、救援物資が行き渡ることを祈るばかりです。

3/15、建築中のお客様へ次のようなお手紙を発信いたしました。
大震災は全国の住宅業界も直撃しています。
また後日詳報いたします。m(__)m

---------------------------------------
 
 この度の東日本を襲った大地震の状況が次第に明らかになり、あまりの甚大な被害に
胸が痛みます。お客様の中にも、被災地ご出身の方、ご親戚やお知り合いが被災された方、
お仕事が関係されている方などいらっしゃるかと存じます。
 心よりお見舞いを申し上げますとともに、ご関係の方がただただご無事であることを
お祈り申し上げます。

 さて表題の件ですが、すでにニュースなどでご存じのとおり、被災地や関東の工場が
操業を中止するなどあらゆる業界全体に大きな影響が出ております。
また運輸業者が被災対応緊急配送で手一杯となり、関東・東北からのトラック輸送が
ほぼストップしています。

 それらの影響により、すでに一部の資材について入荷がまったく見通しが経たない
ものもあり、代替品による施工もしくは工期遅延のご相談を申し上げざるを得ない状況
となっております。

 弊社としても出来る限り当初の予定通りに工事が進みますよう最大の努力をいたしますが、
天災がゆえにやむを得ない面もございますので、皆様のご理解とご協力を賜りますよう伏して
お願い申し上げます。

 詳しくは追って個別にご相談申し上げますが、ご不明の点がございましたら担当者または
小生にお問い合わせいただければ幸いです。