FC2ブログ


0121.jpg
興味のある方への情報提供です。

標題のシンポジウムの申込みが始まりました。


私は同委員会の住宅産業部会WG委員の末席を務めておりました。

まだまだ中間報告的な内容ですが、建築と医療の立場からの知見の集積が進みつつあります。

申込みはこちら。
http://www.ibec.or.jp/kousyu/27/smart-wellness_sympo.pdf

01212.jpg
抜粋です。

「寒冷期に国内で多く見られる入浴中の心肺停止による突然死は欧米ではほんどど事例がなく、国内でも北海道や沖縄は少ない」とのこと。


入浴習慣の違いもあるとは思いますが、冬の室温低下が要因と指摘されています。

詳しくはこちら。
http://www.s-housing.jp/archives/65676

01213.jpg
このご時世に右肩上がりの税収があります。

地球温暖化対策税です。


この四月からは二酸化炭素排出1トンあたり289円と引き上げられます。

一家庭あたりに換算すると年間1200円程度です。

今は僅かなようですが将来的には大幅に引き上げざるを得ないと思われます。

関連HPはこちら
http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201210/1.html
http://www.env.go.jp/policy/tax/about.html
そんな中で、エコワークスでは「うちエコ診断」を今年度も50件近く実施しました。

受診者には暮らし方の省エネの気付きの一歩としてとても喜んでいただくと同時に、実は仕事への相乗効果も大きいです。

「うちエコ診断」の活用が上手く回っていないケースを散見しますが、エコワークスではブレイクしています。^_^

01214.jpg
新産グループは住宅産業塾の一期生というか第一号会員です。

長井塾長のお客様満足という理念に共鳴した父が門をたたき20余年が経ちました。


その思想はエコワークスにも遺伝子レベルで浸透しています。

塾での多くの学びを背景に、エコワークスにとってのお客様を「建築主」と「(建物を引き継ぐ)次世代」と位置づけ満足を追求しています。

エネルギーと二酸化炭素排出に関わる社会制度は私たちの予想を超えて変わっていくようです。

未来を見据え現世代の務めを果たしたいものです。

住宅産業塾の新春講演会のシンポジウム登壇のご依頼をいただきましたのでそんな話も含めてお伝え出来れば幸いです。^_^