FC2ブログ


20160730.jpg
環境省の長期低炭素ビジョン小委員会の第一回会合が昨日開催されました。(今回は傍聴出来ませんでしたが、次回は行きたいと思います。)

委員には私が個人的に応援している日本気候リーダーズ・パートナーシップ(Japan-CLP)の桜井代表が入っておられます。

パリ協定を背景に今世紀後半のゼロ炭素社会の実現に向けて日本のロードマップを議論することが目的の有識者会議です。

住宅業界におけるZEH推進の必要性はこの委員会で議論されることに起因しています。

未来を見通すために勉強されたい方はこちらのサイトをご参照ください。
http://www.env.go.jp/press/102797.html
中核たる議事資料はこちら。
http://www.env.go.jp/press/y0618-01/mat07_2.pdf

※写真は資料の核心たる図の抜粋です。ゼロ炭素社会の実現には①徹底的な省エネ、②電力の低炭素化、③電化の推進が軸と論じられています。
ZEHに関する取材があり、コメントを掲載いただきました。

気候変動リスクからパリ協定に関しては記事で紹介された内容の10倍くらいお話ししたのですが、割愛されていました。

とはいえ、何かしら参考になれば幸いです。m(_ _)m
WWW.HOUSENEWS.JP