FC2ブログ


20171201.jpg
国土交通省の平成30年度概算要求の資料にZEHの上位概念としてLCCM住宅の普及が位置付けられていることを受けて、サステナブル建築物等先導事業(省CO2型)の公募にZEH協として提案しました。

写真は本日ヒアリング審査でプレゼンした資料の一枚です。

審査では矢継ぎ早に質問を受けましたが、未来のためにお役に立ちたいという情熱だけはお伝え出来たと思います。

人事を尽くして天命を待つ心境ですが、採択結果は年末に発表で、採択されれば国の補助を受けてプロジェクトを実行することができます。

ZEHもLCCMもその規定にとらわれることなく自由に設計して結果的にZEHやLCCMになれば良いなと考えています。

ZEHにこれから取り組む方も、ZEHの先を行くものとしてLCCMに挑戦してみたい方も、興味をお持ちいただければ是非ZEH協にお問い合わせください。^_^