FC2ブログ


昨日の説明会では、シェアした新建ハウジングの記事の内容までは説明されていませんのでスクープですね。

記事によれば、一定の要件を満たすライフサイクルカーボンマイナス(LCCM)住宅に対して補助がなされます。

先導性を評価しての個別の採択ではなく、国が求める一定の要件を満たすことで補助がなされるのがミソです。

LCCM住宅の認定機関はIBECですが、5/28月曜夕方にIBEC主催のLCCM住宅セミナーへの登壇(メイン東大清家先生、サブ小山)を要請されています。

※まだ本セミナーは未だ公表されておらず参加者募集もされていませんが、恐らく一瞬で満席になると思われますので、ZEH協の会員様には募集開始の日にメールでお知らせします。

LCCM住宅については個人的には2011年から取り組みを初め、2012年には日本初の五つ星認証を取得しているのですが、ついに施策として始まったという感があり、感無量です。

LCCM住宅は誤解を恐れずに超ざっくり言うと、長期優良住宅+ZEH+太陽光発電3〜4kW追加となります。

2050年に向けての国の長期低炭素ビジョンではLCCM住宅の普及が目指されることが示されています。

関心と取組みが広がれば幸いです。

ZEH協は、LCCM住宅の先導的な普及を通じて、未来の子どもたちのために務めを果たします。^_^
S-HOUSING.JP
20180222.jpg
お陰様で盛況のうちに終了しました。

ZEH協主催のイベントとして企画し、三省ならびにZEH関連団体の皆様に協力をいただきました。

経産省、環境省、国交省の三省からは来年度施策の詳細について解説をいただき、合わせて、日本建材・住宅設備産業協会、日本電機工業会、太陽光発電協会、住宅性能表示・評価協会からは関連産業の取り組みについてご紹介をいただきました。

実質的に来年度施策の最初の説明会となりましたが、これに続いて開催される三省のみの説明会も最初の東京会場は800人定員の申込が2日で満席になるほどの盛り上がりとのことでした。(急遽、午前に追加開催あり)

※国の主催による三省のみの説明会はこちら。ぜひご参加ください。
http://www.mlit.go.jp/report/press/house04_hh_000777.html

特に今日の目玉となる話題は、LCCM住宅の補助事業が新たに始まるという話題でした。

この住宅のライフサイクルでカーボンマイナスを目指す施策は世界初の試みと思います。

ZEH→ZEH+→LCCM住宅とどんどん進化していますね。

詳しくは別途ご紹介します。

写真は、ほぼ満席のすまいるホール(東京 水道橋)です。

ZEHビルダーだけではなく、有識者、関連産業、環境団体などZEHにかかるステークホルダーに広くご参加いただき大変有意義な会合となりましたことを感謝の念でご報告いたします。m(_ _)m