FC2ブログ


なんと一時間たっぷり大阪や宮城の実際の住まい手の実例をもとに報道されました。

特に太陽光発電の経済メリットと減災メリットについてフォーカスされた内容でした。

経済メリットとしては、ZEHは200万円くらい高くなるが補助金と売電収入と節電メリットでおよそ10年で元が取れるとのコメントもありました。(私から言わせると25年の長期で考えると補助金無しでも元が取れておよそ100万円のお釣りが来ます)

減災メリットとしては、長期の停電時に助かったという実際のお客様の声が紹介されました。

一般の消費者において、さらに太陽光発電リテラシーが高まることを願います。

※シェアはNHKオンデマンドで、見逃し番組を視聴できます。
※番組概要はこちらです。http://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/181003/1.html
※しかしながら事実誤認のコメントもありましたね。気になったことを列記しておきます。このことは一般の方に未だ正しく理解されていないことの証左であり、業界がさらに努力しなければならないことを痛感します。^_^
①電気代ゼロの住宅をゼロエネルギーハウス(ZEH)と説明されていますがそうではありませんね。
②停電時以外の通常時も自立運転用コンセントしか使えないと錯誤しかねないコメントがありましたね。
③紹介された太陽光発電のパネルが屋根一体型で一般的では無い割高なシステムがわざわざ紹介されている。(協力したハウスメーカーS社の意向?)
④日照時間が長いと使いきれないので電力会社に買い取ってもらってるとの誤ったコメントがあった。
⑤太陽光発電の寿命を20年くらいと説明されているがメーカーによって様々で、一般には25〜30年の寿命。

NHKオンデマンド