FC2ブログ


20181020.jpg
北海道地震による停電時における住宅用太陽光発電の自立運転機能の利用実態についてJPEAから調査報告が出ました。

http://www.jpea.gr.jp/topics/181018.html

※自立運転機能=停電時にも電気を使えるコンセントが一個だけ付いています。延長コードを利用して生活に必須に電気製品が日中の発電時は使えます。

以前は台風や地震による停電は数日(2〜3日)で復旧すると言われていましたが、先月の台風の時のような広域な被災があった場合、中部電力さんは6000人体制で復旧にあたったにも関わらず、復旧が一週間もかかる地域もありました。

このことから想像すると、絶対に来て欲しくない首都直下地震や南海トラフ地震による超広域災害の時は停電がさらに長期化する恐れがあり、避難所を含めて極めて劣悪な生活環境になることが懸念されます。

そんな状況においては、住宅用太陽光発電があれば、自宅が我が家の避難所として相応に機能することが出来ます。

また調査報告にもあるようにご近所さんの携帯の充電のお役に立った等と地域の減災にも役立ちます。

ZEHの住宅用太陽光発電は、減災のためにも有益なシステムなのです。

写真はCASBEEレジリエンス住宅チェックシートのHPからの引用です。

減災のために住宅が有すべき機能が整理されています。

是非我が家をチェックしてみてください。

こちらです。
http://www.ibec.or.jp/…/cas_…/resilience_checklist/index.htm
ちなみに私は33点(満点は42点)でした。