FC2ブログ


ポーランドで開催されていたCOP24にてパリ協定の実施指針が採択されました。

記事の引用「・・・日本もこれまで30年度に13年度比で26%削減する目標を公表しているが、さらなる上積みを求められそうだ。」

採択された実施指針では各国の脱炭素化の目標を上方修正することが求められています。

日本において、住宅分野だけ今の目標で済む訳にはいかないことは想像に難くありません。

これらの国際情勢を背景に、省エネ基準の義務化の方法論やZEHの政策目標について、さらに強化するという議論がいずれ(数年先に)始まると思います。

※そもそもパリ協定では五年おきに目標を原則として上方修整し見直すことが求められています。いよいよその具体的な見直しが各国に求められていきます。
NIKKEI.COM