FC2ブログ


広がっていますね。

エコワークスにもある学校から総合学習への協力要請がありましたので喜んでお受けすることとなりました。

先月開催したエコワークスのSDGsインターンも十数名の学生さんが目を輝かせながらご参加いただきました。

この輪は大きく広がって行くと思います。^_^

中高生が学ぶSDGs、食品ロスや環境、身近な問題に
昨年夏、スウェーデンの高校生グレタさんがたった一人で始めた活動が全世界に広がっています。

そして福岡でも始まります。
https://m.facebook.com/events/2113966045564579

学生たちの活動を応援すると同時に、大人たちも出来ることに努めたいと思います。^_^
大いに期待したいと思います。
生まれてくる我が子の未来のことを考えれば気候変動に掛かる課題は目白押しです。
NIKKEI.COM
201909101.jpg
100人ほどの参加です。

殆どは大企業からのご参加ですが、私どもは自発的に手を挙げて仲間に入れてもらっています。

※ハウスメーカーではSハウス、Dハウス、S林業の三社がご参加です。

SBTやRE100にコミットメントし、脱炭素経営に取り組む企業が増えています。

世界的に炭素税の普及(強化)が進む中で、SBTやRE100は持続可能な経営のための必須の課題となりそうです。
20190910.jpg
テーマは住宅関連では無く、エコワークスの脱炭素への取組です。

RE100、SBT、SDGsなど中小企業でもここまで出来るということをご紹介します。

来週9/20の気候マーチでは全世界の子どもたちが恐らく数十万人?数百万人?の規模でデモを開催しますが、私たちも出来ることから始めています。

関心のある方はこちらです。
https://www.eco-t.net/semi_form.php…
エコワークスが所属する気候変動イニシアティブ(JCI)からのお知らせを転載し紹介します。(なおエコワークスでは福岡のFFFを支援いたします)

「グローバル気候マーチ(9月20日)への賛同のよびかけ」

 スウェーデンのグレタ・トゥーンベリーさんという環境活動家の16歳少女が、気候変動対策の強化を求めて昨年一人で始めたFridays for Futureというスクール・ストライキが、世界各国に拡大し直近では180万人を超える規模の運動になっています。
 グレタさんは9月23日に開催される国連気候サミットを前に、全世代を包含した大規模なグローバル気候マーチを計画し、大人たちに対しても、9月20日に世界各国で同時に行われるマーチへ参加協力を求めました。
 日本でも学生たちからの呼びかけに応え、この世界同時マーチに多くの学生団体、環境NGO等が賛同を表明しており、9月20日には、岩手、仙台、福島、東京、名古屋、京都、大阪、神戸、福岡、鹿児島、沖縄でマーチおよび関連イベントが計画されています。
 日本における気候変動対策の機運を高めるため、JCIとしてもこの気候マーチに協力しております。メンバー団体の皆様にも、グローバル気候マーチに賛同され、できる範囲でご参加されることをよびかけます。
 詳しくは、以下のサイトをご覧ください。

CAN-Japanプレスリリース「9月20日、深刻化する気候変動の危機を訴え、日本国内12都市で若者主導の気候マーチを開催」
https://www.can-japan.org/press-release-ja/2606

グローバル気候サイト特設サイト
https://ja.globalclimatestrike.net/
ご評価いただき有難いことです。
性能面ばかりが話題になるエコワークスですが、設計陣は暮らしとデザインにも相当に取り組みを始めています。

建築知識ビルダーズNO.38(エクスナレッジムック)
これまで健康のために食生活を見直すことを多くの方が意識されてきましたね。

これからは気候変動リスクのために食生活を見直すことが常識となっていきます。

とりわけ、肉食(家畜の生産のプロセス(飼料生産等)における排出CO2、特に牛肉)への風当たりは強く関心が広がりそうです。

やはり健康と気候の両面から、タンパク質は肉より魚(出来れば生魚)から取ることを心がけたいものです。
NIKKEI.COM
神奈川県 黒岩知事と神奈川県民の"対話の広場"にゲストとして登壇いたします。

テーマは、SDGs未来都市神奈川県における「住まいの省エネ・創エネ・蓄エネを考える~エネルギーの地産池消を目指して~」です。

18:30〜20:00オンライン配信されるそうですが、県民との対話を公開で行われる黒岩知事の取組は素晴らしいと思います!

視聴はこちらから。
黒岩知事との〝対話の広場"Live神奈川