20130521.jpg
緑といっても森林ではなく再生可能エネルギーの事です。

報道されている通り、日本は2020年までの1990年比25%削減目標を国連に届け出る事になっていますが、一方で省エネの社会的必要性は益々高まっています。

低炭素社会に向けた社会制度のあり方を考えて行きたいものです。



参議院議員の竹谷とし子さんの写真をシュアいたしました。
☆ 緑の贈与 という考え

高齢世代から子や孫に、太陽光発電システムや再生可能エネルギーファンド証券などを贈与した場合に、贈与税を免除する税制について、「行動する環境政治家」加藤修一参議院議員の事務所にて専門家を交えて議論。

金融資産が多い高齢世代から若い世代に、眠っている資産の移転を促し、再生可能エネルギー、省エネルギー機器の普及に必要な資金を回す、という仕組みです。

再エネ・省エネ分野の産業育成と雇用増による経済効果があります。そして、未来世代に低炭素・省エネ社会を残すことにつながります。

... アンケートによると、子や孫世代に資産を贈与したいという意欲をお持ちの高齢世代は多くいらっしゃるそうです。

贈与税を減免しても、再生エネ・省エネ投資がセットになることで、国の税収としては贈与税減収よりも設備投資に伴う消費税増収でトータルプラス効果の試算。

引き続き検討を進めます。
資料:IGES















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/1008-543c304f