新しい考え方が提唱されていますね。

課題もありそうですが上手く実現すれば一石三鳥と思われます。

... 簡単に言うと「子や孫に対して資産継承する際、現金ではなく、風力、地熱、太陽光、バイオマス、小水力などの再エネを対象とした投資証券や、太陽光パネルなどの設備を贈る」というもの。これを税制で優遇し、祖父母側は有意義な資産継承と環境への貢献を両立でき、子や孫の側は現金の分割贈与と同じ利益が得られる。

まずは多くの方が関心を持って議論になれば良いと思います。m(_ _)m

再生可能エネの投資促進へ 子や孫に「緑の贈与」を 植田和弘 京都大学教授 松尾雄介 地球環境戦略研究機関主任研究員
www.nikkei.com













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/1012-13846971