20130611.jpg
環境活動報告です。

昨日は日本建築住宅センターが主催するフォーラムにパネラーとして出席しました。

... 基調講演は東工大の柏木先生で、安部政権のエネルギー政策について解説されました。最も強調されたのは今のようにお得な固定買取制度(10kw以上)は元々当初の三年間の新設分限定なのでその後を視野にいれて経営を考えなければならないということでした。

基調講演に続くパネルディスカッションでは、積水ハウスさん、パナソニックさん、URさん、安藤ハザマさんの方々とともにそれぞれの現状と展望を発表し、ディスカッションをいたしました。

私はいつものように地域工務店の役割として家庭エコ診断と省エネ改修をCSRからCSVという視座で取り組みつつあるという事例を発表し、さらに提言として家庭エコ診断は住宅建築をとりまく多くの企業が取り組むメリットがあるのではというお話をいたしました。

一隅を照らしていきたいと思います。m(_ _)m














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/1020-10f4035e