03292.jpg
0329.jpg
公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)が事務局を務める日本気候リーダーズパートナーシップが主催する会合に招聘いただきました。

内容はIPCC※パチャウリ議長からのレクチャーと議長への質疑応答で、環境対応に先導的に取り組む企業20社余りの代表者が出席されていました。

※IPCC=気候変動に関する政府間パネル

レクチャーでは、改めて気候変動リスクが人類にとって喫緊の課題であることを認識し、質疑応答では出席者の質問に真摯に答える議長の姿勢に感銘を受けました。

私も質問をする時間に余裕があれば、IPCCのリーダーとして長年にわたり引っ張って来られたモチベーションの源やもっと本音のところをお聞きしたいと思っておりましたが、ミーティング後の官邸訪問のスケジュールが迫っているとのことで時間切れとなり残念でした。

余談ですが、会場では驚くべきことがありました。

会合はロの字型での20名席だったのですが、私の席がなんとパチャウリ議長の隣だったのです。

おもむろに着席すると、議長がにこやかに手を差し伸べられるので、「Nice to meet you」としっかりと握手させていただきました。

今回のIPCC第二作業部会報告書は今月末に発表されます。

多くのマスコミで報道されると思いますので、社会的な関心がさらに高まると良いですね。

私自身も隣の席に座らせていただいた意味を未来世代からの導きと受け止め、微力ながらより一層に社会的な役割を担いたいと念じました。

最後に今日の学びを一つご紹介します。

産業界の環境対応が進むには、環境対応がビジネスチャンスとして成功につながるという事例を社会的により一層にシェアしなければならないということでした。

エコワークスの進むべき道の啓示を受けたような気がします。^_^












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/1182-7df514af