0418.jpg
今日はパッシブハウスジャパンが主催するシンポジウムを聴講しました。
主催者の森みわさん、再生可能エネルギー推進の論客飯田哲也さん、パッシブハウスの生みの親ファイスト博士(独)、エクセルギーの第一人者の宿谷先生、エコハウスのウソの著者の東大の前先生らに加えて、開会挨拶は新住協の鎌田先生、閉会挨拶は住宅技術評論家の南雄三先生と、省エネ住宅の世界を先導する方々の話にワクワクでした。

会場には西方先生、エネパスの今泉代表、森林文化アカデミーの辻先生らご縁のある面々もおられさながら省エネ住宅サミットのようでした。

以下は、私のメモです。

鎌田先生→ご自身もドイツで学ばれ日本でQ1住宅の普及に尽力されたお話。師匠はファイスト博士と同じとのこと。

飯田哲也さん→言わずと知れた再生可能エネルギーへエネルギーシフトすべきという話。

ファイスト博士→パッシブハウス概説。

宿谷先生→エクセルギー概論。室内表面温度と室温が快適性に与える影響について。高断熱は輻射暖房パネルと同じ。高断熱化とともに暖冷房負荷が減る前提で設備機器を開発すべき。そこにビジネス機会。

森みわさん→パッシブハウスまで到達しなくとも方向性として高断熱にさらに目を向けよう。最終的には住まい手の幸せと持続可能な社会の実現へ。

前先生→数年前のK省のエコハウスプロジェクトで断熱が不十分なエコハウスを沢山見てきた。これではいけない。日本は局所空調の生活習慣のため暖冷房負荷エネルギーが少なく省エネ化のための断熱強化が軽視され設備偏重の施策となってしまった。改めていかねばならない。

最後に、パネルディスカッションに登壇された住まい手さんから「施主は高断熱にお金を払うか?電力会社にお金を払うか?業界の方々は説明の努力を怠っている。」とのメッセージがあり、会場は拍手喝采で閉幕しました。

とても有意義なシンポジウムでした。

いま健康省エネ国民会議を中心に高断熱化による健康メリットの研究が進められようとしていますが、宿谷先生のエクセルギーの考え方も同じ方向性を持つ研究なので更に交流を深めて行きたいと思いました。

とても学びの多い一日となり心から感謝です!^_^












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/1197-9b3a5265