FC2ブログ


IPCC核心評論
2月6日熊日新聞朝刊記事

今日から緊急メッセージのご紹介予定でしたが、2月6日(火)の熊日新聞にIPCC(気候変動に関する政府間パネル)についての記事を見つけましたので、予定変更で紹介させて頂きます。IPCCという英文略語は、最近使われ始めた言葉ではありますが、ここ数年で、WHO(世界保健機関)やGATT(関税及び貿易に関する一般協定)などの言葉よりも多く使われる略語になると思います。
記事は、共同通信社科学部次長の井田氏によるもので、IPCCの報告書の概略を紹介したあと、最後に次のように締めくくっておられます。
「じっと頭を下げていても、温暖化はその上を通り過ぎてはいかない。将来の地球の気候を左右する大きな力と責任を持っていることを忘れてはならない。二十年、三十年後に、われわれの子や孫と向かい合った時に恥ずかしくない、賢明な選択をしようではないか。」
このブログを読んで頂いている皆様もそう思われていらっしゃるのではないでしょうか?。エコワークスはこの問題解決の一助になる事を事業活動の中核に据えて未来に向けてその存在価値を高めて行きたいと強く念じています。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/125-d8d77939