FC2ブログ


2月2日に開催されたシンポジウムで配布された資料を本日より連載で紹介します。
タイトルは次の通りです。
気候の安定化に向けて直ちに行動を!
~科学者からの国民に向けての緊急メッセージ~

本資料は、IPCCに日本人として携わった科学者15人によるもので、科学者の良心を基に魂を込めて書かれていると思います。残念ながら新聞報道はなされておりませんので、一人でも多くの方々の目に触れることを願ってこの場を借りて紹介させて頂きます。
****************************************************************
平成19年2月2日

鈴木基之
中央環境審議会会長
近藤洋輝
海洋研究開発機構 地球環境フロンティア研究センター特任研究員
須藤隆一
東北工業大学 環境情報工学科客員教授
住 明正
東京大学 サステイナビリティ学連携研究機構地球持続戦略研究イニシアティブ統括ディレクター・教授
(IPCC第1作業部会 第8章代表執筆者)
高橋 潔
国立環境研究所 地球環境研究センター温暖化リスク評価研究室 主任研究員
(IPCC第2作業部会 第17章代表執筆者)
武内和彦
東京大学大学院 農学生命科学研究科教授
西岡秀三
国立環境研究所理事
(IPCC第2作業部会 第10章査読編集者)
野尻幸宏
国立環境研究所 地球環境研究センター 副センター長
(IPCC第1作業部会 第5章代表執筆者)
橋本征二
国立環境研究所 循環型社会・廃棄物研究センター主任研究員
(IPCC第3作業部会 第10章代表執筆者)
原沢英夫
国立環境研究所 社会環境システム研究領域長
(IPCC第2作業部会 第10章総括代表執筆者)
松野太郎
海洋研究開発機構 地球環境フロンティア研究センター特任研究員
(IPCC第1作業部会第8章査読編集者)
三村信男
茨城大学 地球変動適応科学研究機関 機関長・教授
(IPCC第2作業部会 第16章総括代表執筆者)
安岡善文
東京大学 生産技術研究所教授
山本良一
東京大学 生産技術研究所教授
渡辺正孝
慶應義塾大学 環境情報学部教授

国民の皆様へ

 気候が急激に変化している。この気候変化が人為的温室効果ガス排出によるものであることは、科学的に疑う余地がない。このままの排出が続けば、人類の生存基盤である地球環境に多大な影響を与えることも明白である。

 このようなことに、科学者はこれまでも強い懸念を示してきたし、気候の安定化に向けた行動を各界に呼びかけてきた。科学の検証プロセスには多くの知見の集積を必要とするため、科学者の警告は慎重であったし、「低炭素社会」への転換に向けた社会の変革もなかなか進んでいない。その間に、気候の変化は見えないところで進行し、近年になって、それが顕在化した。気候システムには慣性があり、さらに悪化してから手を打ったのでは安定化は極めて困難である。今回発表された、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の第4次評価報告書では、気候変化における人為的原因が再確認され、同時に、地球規模での雪氷圏における変化などは予想以上に速く進みつつあることが確認された。さらに、このままのペースで排出を続けると、人類はこれまで経験したことのない温暖化した時代に突入する。限りある自然の吸収力を考えると、温室効果ガスの排出を現在の半分以下にまで削減しないと気候は安定化しない。

 気候変動による悪影響が危険なレベルを越えないためには、温室効果ガスの削減を直ちに開始せねばならない。科学の結果を直視し、気候の安定化に向けて、国民が一体となって「低炭素社会」の実現に向けて行動し、世界が共に行動を開始することをより強く呼びかけていくべき時が来ている。このことを、気候変化を研究する科学者として再び強く訴えたい。

(明日以降に続く)

※福井県環境政策課のHPに分かりやすい絵がありましたので引用させて頂きます。
地球温暖化説明図












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/126-6b332f64