FC2ブログ


地球環境フォーラム
地球環境フォーラムで講演する博士

今日は2月16日、地球温暖化対策の京都議定書が発効してから丸2年目という日です。この日に開催された「地球環境フォーラム~未来のために今すべきこと~」(主催:日本製紙、場所:東京、時間:13:30~17:00)を聴講いたしました。基調講演の演者は、気候学者として世界の第一人者と言われるスティーブン・シュナイダー氏(カリフォルニアのスタンフォード大学教授)です。同氏はIPCCでも中核的な役割を果たしており、人類の道先案内人とも言えます。同時通訳を介して、2時間に渡り、メッセージを受け取りました。最後の3分のサマリーを紹介します。「地球温暖化問題は人類の子孫に対する現代社会の責任です。評論家や傍観者にならずに、まずは自分が行動を起こすことです。若者たちよ、人生の先輩たちに未来の地球を残してくれと要求すべきです。」300人程の聴衆がいましたが、誰一人として居眠りすることなく真剣に耳を傾けていました。世の中が変わりつつあります。消費の価値観が変わりつつあります。Lohasのsはサスティナビリティですが、今年はサスティナビリティ元年とも言える年になりそうです。目指すべき低炭素社会に向けて、住宅会社としてなすべきことを確信した一日でした。

(余談)
上の写真に写っている車はホンダのシビックハイブリッドとトヨタのプリウスですが意味があるんです。私も勉強不足でしたが、京都議定書に参加していない米国ですが、カリフォルニア州だけは異色の政策で世界的にみても環境対策先進地域のようです。同氏によれば、映画俳優のシュワルツネガー州知事は2050年までにemissions(車からの排気ガス)を80%削減することを提唱しており、すでに様々な施策を打ち出しているとのこと。その一つが車から排気されるガス削減を目的とした施策の一環で、カリフォルニアの高速道路にはダイヤモンドレーンと言われる優先通行レーンがあり、2人ないし3人以上を乗せた車か、ハイブリッドカーだけが優先的にスイスイ通行できるレーンがあるとのこと。スタンフォード大学の駐車場では、10台に一台がハイブリッドだそうです。さすがシュワちゃん、思い切った政策です。日本政界のリーダーにも本当に期待したいものです。

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007.02.18 14:36  | # [ 編集 ]

Kさんへ
コメント有難うございました。大分からなので○○ちゃんさんでしょうか?今後ともご指導を宜しくお願いします。

2007.02.22 09:51 URL | 小山貴史 #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/131-5b2ea8c2