0127_20150130145123c7a.jpg
興味がある方への情報提供と相談です。^_^

昨日スマートウェルネス住宅研究会開発委員会住宅産業部会情報管理WGに出席しました。


一つだけピックアップして情報提供いたします。

いま断熱改修による省エネと健康リスク低減を目指すスマートウェルネス住宅等推進モデル事業が国交省により進められていますが、その改修工事前後の水準を定量的にCASBEE戸建の簡易版により評価する準備が進んでいます。

同事業の2000戸の住宅において評価と検証がなされる予定です。

写真のように改修前後の住宅の性能を①健康性能(ウェルネス)、②省エネ性能(スマート)、③基本性能(耐震耐久維持管理等)の三つに大別し評価し表現します。

まだ案の段階ですが詳細案を見ると気になるのが断熱等性能の評価が等級4が最高位に位置づけられていることです。

業界の皆さんは仮にスケルトンリフォームを行うとした場合に理想の断熱改修として目指すべき水準をどのように考えておられますか?












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/1334-72a91802