0327_20150327164939335.jpg
本日、HEAT20(2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会)のシンポジウムを聴講しました。

HEAT20としては温暖地における住宅の高断熱化について、次の二段階の推奨グレードを設定するとのことでした。

推奨グレード1 UA0.56(Q値1.9)

推奨グレード2 UA0.46(Q値1.6)

✳︎ちなみに北海道ではグレード1がUA0.34(Q値1.3)、グレード2がUA0.28(Q値1.15)です。

HEAT20は民間団体ではありますが建築研究所の坂本理事長が委員長ですので国の施策にも相応に影響があると思います。

エコワークスでもこの動きに呼応して、これまで全棟Q値1.9相当で建築してきましたが、さらに一歩前進しQ値1.6相当の商品を発売しました。

今日のシンポジウムの内容は本日発刊された「HEAT20設計ガイドブック」にも紹介されています。

高断熱住宅やこれからの住宅省エネ施策に興味のある方は必読の図書と思いますので紹介します。
http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4767701473/

写真は基調講演される坂本先生です。

実務は北総研の鈴木先生が引っ張っていらっしゃいます。

またJBN環境委員会では27年度の委員会活動においてHEAT20の勉強会を開催しますので興味のある方はお問い合わせください。^_^












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/1385-9881a27a