FC2ブログ


米国市場最大の自然災害カトリーナ
ハリケーン「カトリーナ」とゴア氏
「地球温暖化の影響で海水温が上昇しハリケーン(台風)の規模や最大風速が年々大きくなっています。その一つカトリーナは米国史上最大の自然災害(経済的被害)をもたらしました。地球温暖化問題は、このように私達の日々の生活に直結した問題なのです。」(ゴア氏より)
※カトリーナの基礎データ:最大風速78m、死者1700人、被災者40万人、被害総額2兆円。

不都合な真実
数日前に発表されたアカデミー賞でも、最優秀長編ドキュメンタリー賞を受賞しましたね。本当に嬉しく思いました。この映画を、3月1日にエコワークスの全社員で鑑賞して来ました。一人一人の感想を聞きましたが、異口同音に「大きな衝撃を受けた」「出来ることから始めよう」とのことで、地球温暖化問題に国として個人として取り組んでいかねばならないという事を私も含めて自覚を新たにしました。Lohasな暮らし提案を掲げるエコワークスという会社の社会的存在価値を再確認できたような気がします。
映画の事は、2月初め頃のブログでもご紹介させて頂きましたが、地球温暖化問題をドキュメンタリータッチで制作したもので、米国の元副大統領ゴア氏の地球温暖化問題についてのプレゼンテーションを映画化したものです。反ブッシュという多少の政治色が見え隠れしますがそれはごく一部のことで、映画の本質は地球温暖化の危機を訴えたもので大変真面目で教育的な内容です。地球上の先進国の国民は全員見るべきではないでしょうか?と真剣に思える位です。熊本市では、ユメタウンはませんの映画館で上映されています。3月9日までですが、ぜひ皆さんもご覧になられてはいかがでしょうか?

明日以降のブログでその内容の一部を連載にて紹介いたします。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/141-9520cf05