fc2ブログ


730.jpg
訳者の枝廣純子さんによる出版記念講演会を聴講しました。

著書はこちら。
大転換〜新しいエネルギー経済のかたち〜
https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4000610600
同氏(米国)は環境分野では世界的に著名な研究者で、持続可能な社会をテーマに多数の名著を発表しています。

最後の著書とは同氏がご高齢になり引退されるとのことでした。残念です。

私は2007年に講演を聞いたことがあるのですが、私自身が環境活動に傾注する衝撃の原体験の一つとなりました。

ご多用でお時間の無い方のために、本書について独断で超まとめです!

①石油、石炭、ガス、原子力に依存してきた世界のエネルギー供給は、太陽・風力・地熱などのクリーンエネルギーに人々の予想や予測以上に大転換しつつある。

②文明が直面している最大の課題は「世界が壊滅的な気候変動を回避するだけの速さでエネルギー転換が進むだろうか?」である。

興味のある方は是非ご一読を!^_^

この場を借りて本講演会をご紹介いただいた宮原さんにお礼申し上げます。m(_ _)m

☆読後感想文

世界の再エネの普及予測はその殆どが大幅に上方修正されるほど世界のエコエコノミーは劇的に大転換していることを改めて実感しました。

残念ながらエコエコノミーでのプレーヤーとしての日本の存在感はゼロです。。。

著書で日本を唯一評価してコメントしてあったのは、経産省のトップランナー制度により車や電気製品の省エネ化が世界一進んでいることでした。

余談ですが、私の持論は、建売だけでなく注文住宅や賃貸住宅の世界へのトップランナー制度の本格導入です。住宅事業者が供給する住宅のエネルギー性能を登録制にして公開しそのトップランナーの水準に基づいて基準を強化していくという方式です。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/1475-2dc75dd6