戦後70年談話が議論の対象となっていますね。

過去と未来は対であり、不確実かも知れませんが予測可能な範囲で未来を考えることも同様に大事と思います。

気候変動リスク対策に関して、21世紀初頭のころ先進国の中で日本が最も消極的であったことに対して反省とお詫びの談話を70年後に発表することにならないように願いたいものです。

国としての未来志向とは世界の未来に対して日本がリーダーシップの一員となることだと思います。

そんなことを真剣に議論する場の一つJapan-CLPをご紹介します。(エコワークスは賛同企業として支援しています。)
Japan-CLP












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/1486-285233ad