FC2ブログ


823.jpg
18年前、京都議定書を決議したCOP3の時以上に重要な会議となります。

2030年までの世界各国の温暖化ガス排出削減目標に関して、一部の国だけでなく世界の全ての国が参加する国際合意(約束)が出来るかどうかが焦点です。

ちなみに日本の約束草案の住宅関係では、省エネ基準クリアの住宅をストックベースで今の約6%から2030年に30%までひきあげるという目標が前提となっています。

私たちの暮らしや仕事に大きな影響をもたらしますね。

未来の世代の暮らしや仕事にはもっと大きな影響をもたらしかねません。

関心と議論が広がると幸いです。^_^












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/1491-de7b8127