12052.jpg
現地でCOP21に参加している方の情報によれば、つい1時間前に各国の交渉官による特別作業部会の協議で、すべての国が温暖化ガス削減目標を提出し、5年サイクルの見直し(原則上方修正)を義務づけることで草案の作成が完了し、週明けの閣僚級協議に予定通り入れそうとのこと。

先進国と発展途上国との目標の差異化など調整課題は多く残るものの想定以上に順調のようです。

これで世界が5年おきに温暖化ガス排出削減計画(省エネ施策)を見直すサイクル(原則上方修正)が出来上がります!

住宅業界でも早晩に2020年省エネ基準新築義務化の次の目標として、2025年に目標とすべきことの議論が始まると思われます。

私の考えは①2025年断熱基準のG1レベルへの上方修正②新築平均ZEHの実現目標2030年を5年前倒しして2025年に③省エネ基準を満たす断熱リフォーム2025年年間50万戸です。

パリまであと3時間で、いまヘルシンキ上空です。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/1537-aaa4ae9c