1220.jpg
本日は引き渡し後のお客様ご挨拶でリノベーションのN様宅に伺いました。(N様ご夫婦に投稿の了承を得ています)

とても立派な佇まいで作りもしっかりしているお屋敷(いわゆる外壁も真壁の伝統木造住宅)でしたが、当初ご相談いただいた時のインスペクション(建物現況調査)で築15年で最近の建築にも関わらず"無断熱"であることが判明し相当に驚きました。

断熱強化と間取り・収納のリフォームをご提案し、補助金として国土交通省のスマートウェルネス住宅等推進モデル事業(補助金120万円)を利用することでご縁をいただきました。

今日も朝方は冷え込みましたが、エアコンの効きがびっくりするほど良くなって暖かくて気持ちが良いと喜んでいただいています。

お孫さんが遊びに来た時もトイレやお風呂が寒く無いので好評とのこと。

きっとご同居のお祖母様にも喜んでいただいてると思います。

これから冬本番で厳寒期を迎えますのでヒートショック防止のために、脱衣室を暖かくしてお風呂の温度は控え目に40〜41度とアドバイスしたところ、「以前は部屋が寒かったので42度設定で熱いお風呂に入る習慣があったが確かに部屋が暖かくなったのでそこまで温もる必要が無いんですね」とご納得いただきました。

今回の断熱改修工事の範囲は開口部と床が中心で壁は一部にとどまりましたが、それでも劇的に暮らしの質の向上が実現しています。

お客様良し(幸せ)、次世代良し(幸せ)、国良し(医療費削減と省エネ)、作り手良し(繁盛)の四方良しの仕事はとてもやり甲斐があります。^_^












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/1562-ed9cd584