534.jpg
さらに記録更新です。

昨日のマイナス5℃をさらに下回りました。

2日連続でこの冷え込みは記憶にありません。

先週、消費者庁からヒートショックによる入浴関連死亡事故について注意喚起のニュースリリースがありましたが、事故が起こらないことを祈ります。

ニュースリリースはこちら。
http://www.caa.go.jp/…/cons…/release/pdf/160120kouhyou_2.pdf

しかしながら腑に落ちないことがあり消費者庁に電話してみました。

私「ニュースリリースを読みました。文書の中の安全に入浴するための注意点として、脱衣室や浴室を暖めるようにとの記載はありますが、内窓設置などの断熱改修について一言も記載が無いのは何故でしょうか?いま住宅業界で有識者と国交省を中心に断熱改修によるヒートショック予防の普及啓発の取組みが進んでいる情報は届いてますか?」

消費者庁「そういう取り組みは聞いていません。断熱改修のヒートショック予防効果については情報がありません。」

私「そうなんですね。よろしければ一度情報提供に伺いたいのですがいかがでしょうか?」

消費者庁「ぜひよろしくお願いします。」

そんな訳で私は同行出来ないのですが、健康省エネ住宅を推進する国民会議の委員が明日消費者庁にお伺いすることになりました。

来年のニュースリリースからは断熱改修や高断熱化の重要性についても付記されることを願います。

まだまだ情報が行き渡っていないことを実感する出来事でした。

それでも一歩一歩、確実に進んでいます。^_^












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/1586-5457d34a