FC2ブログ


20160317.jpg
子どもや孫の世代に迷惑を掛けないための活動が始まりました!

パリ協定により今世紀後半に世界はゼロ炭素社会を目指すこことなりましたが、日本においても待ったなしの省エネ対策が求められています。

日本の住宅・建築業界(家庭部門・業務部門)に求められる削減目標は極めて高く、現在の延長線上では不可能と言われています。

その難題を産官学で連携して解決すべく「グリーン建築推進フォーラム」(建築環境・省エネルギー機構IBEC内)という任意団体が発足することとなり、今日はその決起大会ともいえるシンポジウムが約300名のご参加をいただき開催されました。

国交省、経産省、環境省の方の基調講演を受けてのパネルディスカッションでは、村上周三先生の司会のもと、竹中工務店、日建設計、三井信託銀行、東京都の方々とともに私も住宅業界の代表として登壇させていただきました。

私が住宅業界代表というのは分不相応なのですが、私がCOP21関連会合に参加し、温暖化対策の喫緊性について強い問題意識があったことから結果的には私も発起人の一人という形になり登壇のご依頼をいただきました。

「グリーン建築推進フォーラム」はパリ協定の実現を世界的な視点で支援することを目標にしています。

課題は先送りすることが出来ない類のもので、子どもたちの世代での解決は時すでに遅く、私たちの世代が解決しうる唯一の世代です。

未来の子どもたちのために皆さんとともに微力ながらお役に立ちたいと思います。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/1610-28092cde