被災された皆さまに重ねてお見舞い申し上げます。

発災から三週間が経過し、ご依頼いただいた応急措置がほぼ終わり、復旧工事に向けて体制を整える段階に来ました。

GW中に緊急度の高い数件のお客様宅にお伺いし今後の復旧工事についての打ち合わせをいたしました。

あるお客様から「物理的な被害は軽かったが余震が毎日続いていてろくに眠れない。一刻も早く耐震リフォームを提案して欲しい」とのことでした。

熊本地震は大きな余震が短期間に多数発生しています。既に震度4以上の揺れがおよそ100回、震度5以上は18回、震度6以上は7回、前震と本震は震度7という異常な事態となっています。

今後、耐震リフォームに対するご相談が急増すると思いますが、国には次のような支援制度や補助制度がありますので活用されることをお勧めしたいと思います。

①被災者生活再建支援法による支援金(最大300万円)

②災害救助法に基づく住宅の応急修理支援金(最大57.6万円)

③耐震リフォーム等を補助する長期優良住宅化リフォーム推進事業(最大200万円)
→地震とは関係なく実施予定の事業で①との併用可、②とは工事内容が重複しなければ併用可。

④解体にかかる支援金(環境省から5/3に発表されました)
→詳細はこちら。http://www.pref.kumamoto.jp/kiji_15656.html
※営業的な内容のため投稿することを憚りましたが、特に③を知らずに中途半端なリフォームをされる方がおられると勿体無いので敢えてご紹介しました。m(_ _)m












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/1635-af35880e