20160727.jpg
今日はCASBEE公開セミナーでした。

目玉は今回新たに開発されたCASBEEレジリエンス住宅チェックリストです。

東日本大震災を機に開発が進められていたそうで、首都直下地震、南海トラフ地震など想定される大災害に向けて住宅や暮らしの備えについて一般の方の気づきを促すチェックリストです。

エコワークスでも新築やリフォームを検討される方に情報提供していきます。

さて、パネルディスカッションでは防災の専門家でいらっしゃる河野東京理科大教授から「発災時は公的避難所への避難ではなく在宅避難で済むことを目指すべき」とのコメントがありました。

公的避難所よりも自宅の方がより安心出来る場所であるべきという考え方でもっともな話です。

そのためには住宅は倒壊しないだけでは不十分で、赤紙や黄紙が貼られることなく、安心して住まい続けられるレベルの耐震性が必要と思います。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/1667-b30567bc