残念ながら日本はまた化石賞を受賞してしまいました。

温暖化対策の足を引っ張る国を国際NGOが選んで発表するこの化石賞の受賞は日本人として耐え難いものがあります。

未来の日本人が現代を考査するときにどのような評価となるでしょうか?

世界の常識やトレンドに反して、政府は産業界支援を優先し、最も二酸化炭素を排出する発電方式である石炭火力発電を国内でも推進し、かつ発展途上国に売りまくっていることが受賞の理由です。

石炭火力発電ではなく、省エネ技術で世界に貢献する日本を目指したいものです。

昨日のシンポジウムでもコメントさせていただいたのですが、日本はアジアの建築物の省エネ化の分野で国際貢献を果たすべきだと思います。^_^
ASAHI.COM












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/1740-efce148c