三澤文子先生率いる住宅医のシンポジウム(1/12)で、熊本地震発災後の工務店としての顧客対応についてお話しさせていただきます。

これまで日経BPやJBNでお話ししておりますが、さらに整理してバージョンアップした内容でお伝えします。

いま京都大学の五十田博先生の監修を受けて制作中の耐震等級3のススメというパンフレットも当日お配りできると思います。

熊本地震からの学びは、熊本地震クラスの震度7でもそのまま住み続けるためには、耐震等級3+αが必要ということです。

特に首都直下地震、南海トラフ地震のエリアの方にお伝え出来れば幸いです。
S-HOUSING.JP












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/1754-3168c24a