環境省が報告書のまとめに入ります。

炭素価格付け(カーボンプライシング)は世界の大きなトレンドです。

二酸化炭素を排出する商品やサービスは値上がりし、排出しない商品やサービスは相対的に割安となる時代に向かいます。

電力も二酸化炭素を排出する電力は値上がりし、排出しない再生可能エネルギー由来の電力は相対的に割安となります。

日本は家庭のエネルギー自立化がエネルギー基本計画で目標とされていますので、既にFITにより、我が家の分は自前で発電して調達した方がお得になっていますが益々その傾向が強まります。

炭素価格付け(カーボンプライシング)は私達の住まいづくりに大きな影響を与えるメガトレンドなのです。

未来の子どもたちのために。^_^
NIKKEI.COM












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/1786-f37cdc6d