FC2ブログ


まだ公表されてませんが、平成30年度のZEH施策の案が報道されてます。

まだ案ですが、2月に新・ZEHロードマップとしてパブリックコメント(公開意見募集)がなされて、その後の審議会で最終決定予定と思われます。

概略は次の通りです。

1)次世代ZEH(通称名はZEH+、ゼッチプラスと読みます)の新設
①創エネを除く省エネ率25%
②自家消費型ZEHとして次の三つの内二つを採用
1.ランクアップ外皮平均熱貫流率基準(UA値)の採用
1・2地域 0.3、3〜5地域 0.4、6・7地域 0.5
2.高度エネルギーマネジメント
AIF認証(相互接続)のHEMS、暖冷房設備、給湯設備、太陽光発電設備等
3.電気自動車充電対応

2)気象条件や建築地特有の制約への対応
①ニアリーZEHの範囲拡大
寒冷地(地域区分1,2)、低日射地域(A1、A2)、多雪地域(垂直積雪量100cm)
②ZEH Orientedの新設
都市部狭小地(敷地面積85平米未満)
※北側斜線制限の対象となる用途地域のみ。
※平屋除く。

概ね、以上のような内容です。

ZEHは住宅政策というよりもエネルギー政策から出発しているので、住宅業界にはこれまでに無かった職能が求められていると思います。

ZEH協では2/21に三省にご協力いただき施策説明会を開催すると同時に、その後、さらに詳細な勉強会を会員向けに開催して参ります。^_^
KENPLATZ.NIKKEIBP.CO.JP












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/1955-b98ad5b6