20180329.jpg
という衝撃的なフレーズで始まる東洋経済の特集です。(実際には大手電力会社がなくなるのでは無く、その業態が変わることについて言及されています)

「再エネを火力発電と並ぶ柱に育成」との見出しの東電社長のインタビューも掲載されています。

住宅で使う電気はFITのお陰で電力会社から買うよりも、太陽光発電を屋根に設置して概ね自前で賄う方が安くなっていますが、仮にFITが無くなっても太陽電池パネルのコストダウンが進み、分散型電源の社会的な必要性は益々高まりこの流れは変わりません。

その背景となるトレンドを学ぶ情報が盛り沢山の特集号でした。

住宅のZEH化の是非について関心と議論が広がれば幸いです。^_^

記事の概要はこちら。
https://premium.toyokeizai.net/articles/-/17773












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/1979-330d33fa