20180331.jpg
再生可能エネルギー大量導入・次世代電力ネットワーク小委員会の最新議事資料が公開されています。

資料3の2030年以降を見据えた再生可能エネルギーの将来像(自立化に向けて)という資料は住宅業界関係者、必見と思いましたので紹介します。

住宅用太陽光発電は2019年のアフターFIT物件から順次自立化され、蓄電池を活用しつつ需要地近接で小規模の地産地消を目指すとされています。

この「需要地近接で小規模の地産地消」を実際にどのように実現するのか?関心と議論が広がれば幸いです。^_^

平成30年3月22日の委員会資料はこちら。
http://www.meti.go.jp/…/…/saiseikanou_jisedai/004_haifu.html
資料3が住宅業界関係者必見です。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/1982-b554f70c