FC2ブログ


リンク先のエネ庁のサイトから引用します。

「・・・住宅用太陽光発電設備は、2019年以降順次、FITの買取期間が終了するため、自家消費に切り替えるのか、あるいは新たに相対・自由契約をむすんで売電を継続するのかという選択肢について、今後本格的に周知活動を実施する予定です。・・・」

「・・・将来的には、地域に普及している発電設備や蓄電池などをIoT技術で統合的に制御して電力の需給調整に活用する「バーチャルパワープラント(VPP)」が実用化されればカーボン・フリーな次世代の調整力が実現することになります。・・・」

これらのことが、ZEHの先にZEH+が求められる背景となります。
資源エネルギー庁












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/2001-69ae403d