20180528.jpg
GBF・IBEC主催の月例セミナーにて「LCCM住宅の補助制度とビルダーとしての取組み紹介」というテーマで登壇いたしました。

メイン講師は東大の清家剛先生ですが、私は補足的に民間の立場からの発表です。

LCCM(ライフサイクルカーボンマイナス)住宅は、今後2050年に向けた脱炭素化の実現のための家庭部門の切り札として、ZEH+や再エネ政策と整合性を取りながら普及が目指されると思います。

キーワードは需要地近接での地産地消で、いわば住宅はエネルギー自立してご近所さんにエネルギーのおすそ分けして助け合いという社会が到来します。

長期優良住宅やZEHの建築実績のあるビルダーさんにはお勧めの取組みです。

ZEH協ではZEHやLCCMに取り組むビルダーさんを支援しています。^_^












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/2004-4199f7f8