FC2ブログ


201809041.jpg
九州電力管内で太陽光発電の出力制御が目前となり物議を醸しています。

出力制御は、太陽光や風力等の変動性再エネの大量導入=主力電源化のために必要なステップですが、メデイアがネガティブに報道しているのでお客様にも誤解が生じています。

九電に広報の改善を陳情した所、メデイアに対して住宅用太陽光発電(10kW未満)は当面は対象外の旨も説明しているがその点は報道されていないので誤解の無いよう改めて広報いたします、とのことでした。良かった!^_^

早期に、出力制御の背景と必要性についての知見が広がると幸いです。

この出力制御を出来る限り少なくするために、電力ネットワークの情報はデジタル化され、ZEHはEVとともに電力ネットワークの調整力としての役割を担う方向に向かいます。

シェアした写真はエネ庁の次のサイト「2030年以降の未来へ向け、次世代の電力ネットワークの構築」よりの抜粋です。

シェア元はこちら。
http://www.enecho.meti.go.jp/…/denryok…/digitalization.html…












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/2054-f6fbc696