FC2ブログ


今週の10/3水曜のあさイチでZEHや住宅用太陽光発電に関する特集があります。

関心のある方は是非ご覧ください。

先週のダイヤモンドや今週のNHKなど、専門メディアでなく一般的なメディアでZEHのことが話題になり始めましたね。

2030年には新築戸建住宅のほぼ全てをZEHにする政策目標が掲げられています。(なおZEHの義務化は検討されていません。ほぼ全てです。)

未来の子どもたちのために、普及がさらに加速することを願います。^_^

※私は今回取材を受けておりません。写真で紹介されているパンフレットがハウスメーカーのものばかりでしたのでZEH=ハウスメーカーという内容にならないことを願います。

以下にリンク先の番組説明文を引用して紹介します。

↓↓↓

私たちの暮らしに欠かせない「電気」。先日、国の新しい「エネルギー基本計画」が発表され、太陽光や水力、風力といった「再生可能エネルギー」を、将来の主力電源として推進していくことが明記されました。東日本大震災のあと、普及が進んでいる再生可能エネルギー。一般の家庭にもどんどん身近になっています。
最近急増しているのが、太陽光パネルや省エネ設備などを組み合わせた「ゼロエネルギーハウス(ZEH)」。自宅で発電し、余った電気を売却することで、電気代が“実質ゼロ”になることをうたった住宅です。また先月の台風21号と北海道地震では、大規模停電が発生しましたが、そんな中、自宅に太陽光パネルや蓄電池を設置していた家では、「電気が使えた」という声も。一方で、再エネの普及によって私たちの負担が増えているものもあります。それが電気代に加算されている「再エネ賦課金」。今年度は何と2兆3億円にのぼります。そして、およそ50万世帯に影響があるという「2019年問題」とは!?
私たちの暮らしと、再生可能エネルギーの関係について改めて考えたいと思います。
WWW1.NHK.OR.JP












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/2070-3f17a539