FC2ブログ


20181013.jpg
本日、九電管内で太陽光発電の出力制御が実施されました。

明日は、本日とは別の太陽光発電に対して出力制御がなされます。

太陽光発電の出力容量で、今日が40万kW、明日が60kWの出力制御です。(全量は約800万kW、当面の出力制御は産業用のみで住宅用は無し)

詳しくはこちら。
http://www.kyuden.co.jp/power_usages/pc.html
素人ながら素朴な疑問があります。

どなたか専門家の方からご教示を賜りたくコメントをいただければ幸いです。

①本日の出力制御は結果的に本当に必要あったのかどうか?

②太陽光発電の発電のピークはお昼前後なのでお昼の数時間だけ出力制御すれば良いと思いますが、なぜ9時〜16時という長時間の出力制御なのか?

③中国電力に送電する関門連系線は本当にギリギリまで使われているのか?

④上げディマンドリスポンスは契約事業所に対して何かしら実施されているのか?(電気を安くするから使ってくださいということ)

⑤いま九電管内では約800万kWの太陽光発電が普及していますが、後どのくらい増えたら住宅用太陽光発電の出力制御の可能性が出てくるのか?

⑥IPCC 1.5度報告書が提唱する2050年再エネ比率約8割を実現するための変動性再エネの調整力はどのように実現するのか?(日本は太陽光偏重なので大変ですよね?)

関心と議論が広がり、より良い未来へ最速で進んでいければ幸いです。^ ^

※10/15
住宅用太陽光発電の出力制御はすぐにされない根拠はこちらです。
「出力制御の公平性の確保に係る指針(H29.3)資源エネルギー庁」
http://www.enecho.meti.go.jp/…/fi…/legal/guideline_denki.pdf
にて「10kW未満(主に住宅用)の太陽光発電の取り扱いについて
→太陽光発電の出力制御については、まず10kW以上の制御を行った上で、それでもなお必要な場合において、10kW未満の案件に対して出力制御を行うものとする。」と明記されています。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/2087-1b9fbf5f