FC2ブログ


201811101.jpg201811102.jpg
昨夕、ドイツに移動し、今日はベルリンのLUMENAZA(VPPのクラウドシステムの開発・運用ビジネス)、ライプチヒのSENEC(家庭用蓄電池を利用したソリューション提供ビジネス)を視察し、いずれも創業者からお話をお聞きすることが出来ました。

電力自由化が進んでいる欧州と比較して、周回遅れと揶揄される日本です。

欧州では脱炭素を目指して再エネ大量導入が進むと同時に、エネルギービジネスのあり方が大きく変わっています。

バスで中上先生と話したのですが、目先のことだけを考えるのでなく、未来からバックキャスティングで考えなければと示唆をいただきました。

政治やメディアや業界団体が固執する目先の現実論に迎合することなく、打たれても出る杭になるべきと意を強くした一日となりました。

※念のため補足。
ドイツでは家庭用電力単価が日本より高く、かつ、蓄電池の価格が安いために、既に蓄電パリティが到来し蓄電池の経済メリットが創出されていますが、日本では未だ未だ先のことです。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/2107-aa5d63dc