FC2ブログ


関心が広がれば幸いです。

※以下は日本気候リーダーズパートナーシップ(J-CLP)からの情報です。

現在、欧州にて、児童による、気候変動対策を求める数万人規模の学校ストライキが、大きなうねりとなっています。

政治家の辞任にもつながっており、今後、社会の潮目を変える可能性がある動きとして見ることができます。

企業への影響も無視できなくなってくるかもしれません。

そのきっかけとなった少女による、ダボス会議でのスピーチのリンクをお送りします。

◆ダボスでのグレタ・トゥンベリ(Greta Thunberg)さんのスピーチ
(日本語字幕付き。2019年1月)(字幕の設定で、日本語を選んでください)
https://www.youtube.com/watch?time_continue=10&v=zrF1THd4bUM

以下は背景です。
現在、欧州各国や豪州で、児童・若者が政府や大人に気候変動対策を求める、大規模な学校ストライキが起きています。

数万人規模の児童が学校をストライキし、「自分たちの未来をないがしろにしないでほしい、気候変動の危機に大人が今すぐ行動を起こして!」と訴えています。

毎週金曜日に実施されており、今後は2月22日(明日)、3月15日にも大きなストライキが予定されているとのことです。

日本でも国会議事堂前で予定されているようです。

<動画>
豪州の児童によるストライキ(2018年11月)
https://www.theguardian.com/…/climate-change-strike-thousan…

<日本での報道>
温暖化対策訴え授業ボイコット ベルギー中高生3万人以上参加
https://mainichi.jp/articles/20190201/k00/00m/030/090000c

英国の児童・生徒が気候変動対策求めデモ、学校を欠席
https://mainichi.jp/articles/20190218/reu/00m/030/004000c
英で児童・生徒数千人が気候変動デモ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl…

欧州では大きなうねりとなっており、非常にたくさんのメディアで取り上げられています。

このうねりのきっかけとなったのは、スウェーデンの若者グレタ・トゥンベリ(Greta Thunberg)さんが、2018年8月に一人で始めたストライキです。

冒頭のリンクは、そのグレタ・トゥンベリ(Greta Thunberg)さんが、先月のダボスでもスピーチを行ったものです。

非常に本質をつく内容で、ダボスでも注目を集めていたようです。

今後の動向を見るものとして、ご参考にしてくださいませ。

日本気候リーダーズ・パートナーシップ(JCLP)事務局

以上












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/2142-3b631e27