FC2ブログ


K様邸台風養生
台風被災無し7/15AM06:30(現場は外部塗装直前の工程です)

昨日は台風4号に振り回された一日でした。早朝から工事監督を中心に現場を巡回し、台風養生の確認です。主なポイントは次の通りです。
 1)足場に設置してある養生ネットを畳む。
   (畳まないと強風に煽られて足場が動いて建物を傷つける可能性
    があるのです)
 2)建物外周の物品及び資材の固定、片付け
 3)サッシ、開口部の未施工部分からの雨水浸入防止
   (出来る限りであり、上棟直後の場合は出来ません。なお木材は
    芯を乾燥させることが重要で、雨水により表面が濡れても、芯
    の含水率への影響は少なく、表面は数日で再度乾燥しますので
    ご安心頂ければ幸いです。)
 4)お客様への養生対策のご連絡
 5)台風一過後の被災有無の確認とお客様へのご連絡

今朝は全社員で手分けして、現場の被災有無の確認を行っています。確認次第、順次お客様にご連絡いたします。建築中のお客様は大変ご心配になられていると思いますが、順次巡回中ですのでどうぞ宜しくお願い申し上げます。(小生も帯山のK様邸(写真)の確認に行き、その後、出勤いたしました。)

鹿児島、宮崎の被害は相当ひどく、死傷者も出ており大変気の毒ですが、幸いにも熊本はそれ程の被害がありませんでした。今年の台風シーズンも建築現場は台風の進路に気を使う毎日となります。新産グループでの台風対策は、最大級の被災時には、職人さんも含めて200名近い体制で緊急復旧にあたることが出来る体制となっております。長年のノウハウをマニュアル化し組織的に対応していますのでどうぞご安心下さい。

ところで、今年の沖縄周辺の海水の表面温度は例年よりも数度高いそうです。ニュースで見たのですが、海水の表面温度が27度を超えてくると海水から蒸発する蒸気の影響で台風の勢力が非常に強くなりやすいとのことですが、現在は30度もあるそうです。地球温暖化の影響で海水温度が上がり、台風の勢力が増し、自然災害が増えつつあるということは既に科学的に証明された事実とのこと。温暖化問題は、私たちの生活に色々な面で悪影響を与えつつあるということを台風一過の空を見ながら思う小生です。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/232-1777157d