FC2ブログ


本日午前10時13分ごろ、新潟県長岡市、柏崎市などで震度6強の大地震が発生し、多数の死傷者が発生し、現時点で300棟を超える家屋が全壊しているようです。台風の直後に大地震発生で、日本列島が自然災害の災難に見舞われていますが、被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。
全壊している家屋は、昭和56年の建築基準法の大改正以前の古い家屋が殆どですが、その古い建築物の耐震補強や建て替えが一向に進まない状況の中で、被害が発生するのは予想されていた事でもあります。昭和56年以前に建築された建物にお住まいの方は、耐震補強の必要性の有無について専門家に相談されることを強くお薦めしたいと思います。これは熊本でも同じ事です。
参考までに戦後の建築基準法の改正の歴史をまとめたHPを紹介します。現在は、1995年の阪神大震災後に改正された建築基準法に基づいて建築されており、同程度の地震では全壊半壊しないとされています。
なお新産グループでは現在の法令で定められた耐力壁の約1.5倍を基準に設計しておりますのでご安心頂けると思います。さらに詳しくお知りになられたい方は弊社担当者へお尋ね頂ければ幸いです。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/233-acf64bca