N様邸リビング階段
N様邸リビング階段

今では普通になったリビング階段ですが、10年前は異端児扱いでした。

当時、新産グループでは、家族の絆をテーマにした住まいづくりのための間取りという発想から、建築家の吉田桂二先生をお迎えし毎月勉強会を開催し、リビング階段を中心とする”広がり間取り”のプランニングの考え方について学びました。

その数年後、大手プレハブメーカーのMホームさんがセンターリビングという表現で同様の間取りを提案されはじめ、一気に世の中に広まったという経緯があります。

一方で、デメリットとして、空調効率の問題、遮音性の問題などもあり、Yahoo知恵袋もチェックしてみたところ色々な意見交換がなされているようです。
Yahoo知恵袋はこちら

住まいづくりについてプロ以外のセカンドオピニオンが欲しい方は、上記のようなサイトを活用してみるのも参考になると思います。

なお、空調効率の問題は、建物の気密性(C値)と断熱性(Q値)がどのレベルかに依存します。今のエコワークスの商品は、次世代省エネレベルにほぼ準じていますので、その空調効率はご満足いただけるレベルにあると思っておりますが、遮音性については家族の音をどのように気にするかという問題になります。

最終的には家族の暮らしの価値観次第でご判断頂きたいと思いますが、私どものお客様では喜んでいただいているケースが殆どです。

写真は昨年末に完成した光の森のN様邸のリビング階段です。いい感じで仕上がっていましたのでご了解を得て、ブログで紹介させて頂きます。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/332-cadb8b35