森林認証材への取組み
新産グループプレカット工場

新産グループでは、森林認証材(SGEC)の取り扱い比率を高めています。森林を適正に維持することは環境問題に大きなプラスとなります。最も環境負荷が大きいのが、伐採後に植林せずに放置することです。伐採後に植林すれば、若木はどんどん二酸化炭素を吸収して育っていきますので、地球温暖化問題に大きなプラスとなります。森林認証制度では、その伐採後の植林をシステムとして担保する制度です。世の中の全ての木造住宅が、森林認証材で作られる時代が見えるような気がします。私達はサスティナブルな社会の実現に向けて一隅を照らしたいと真剣に考えています。
皆様からのご意見ご感想をお待ちしております!

わたしたち建て主はどのようにかかわれるのでしょうか。森林認証材でお願いすること?
新産グループは地元の木で建てる、特にわたしにはまさに地元のだからお役に立てるかなと思っています。
ここでお役に立てるとというのはちょっと不遜な態度で、実際は緑に包まれ守られているのだろうと、たぶん、きっと。日々の生活の中でふとそう感じることができればいいのでしょうか。

2008.03.06 09:29 URL | -3.9℃ #F6D2hBgc [ 編集 ]

コメント有難うございました。返信を失念しており遅くなり失礼しました。おそらく将来は木材利用は森林認証材でないと利用出来ない社会が到来すると推測しています。その位にならないと地球温暖化問題は解決し得ないからです。その未来を見据えて新産グループの取り組みが全国に先駆けて始まっています。ぜひ新産グループの木材を利用してご建築頂きますと、間接的に、地球温暖化問題に貢献して頂くこととなり望外の喜びでございます。

2008.03.11 14:18 URL | 小山貴史 #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ecoworks.blog60.fc2.com/tb.php/362-2904250e